七五三を迎えた場合のお祝いの食事に関して

七五三の持っている主旨

七五三は将軍であった徳川綱吉が長男のことを考えて11月15日に身体の健康を祝ったのがスタートとされています。この日が七五三の日であるとのことですが、最近では親の事情や気象状況のコンディションをみて11月の土日のいずれの日かに神社または寺に参拝に出かけることがよくあります。三歳については髪置きの儀、そして五歳に関しては袴儀、さらに七歳は帯解きの儀と理解されていて元々は各々の年を迎えたお子さんがそうしたものを敢行することを祝うといった主旨が存在していました。最近はそういうことの意義は薄れてしまい、正装を通して各々の年を迎えたことを感謝する日になったわけです。

七五三については親戚を介してお祝いしましょう

七五三については三歳それから、五歳、さらに七歳のお子さんの育成を祝う催し物です。このような事は親はもとより、親戚といった身内に関しても誘ってお祝いすることになります。神社あるいは寺にあわせてお参りし、写真を撮影後は一緒になって食事をしに行く可能性も高いと考えられます。お子さんが主人公の日ですから、お子さんがお好みのものが口にできる場所であったり多人数を収容可能なところを選択すると間違いないでしょう。参拝場所や自宅周囲のレストラン、あるいはカフェなどを選ぶと良いでしょう。

親戚が揃って食事をするケースが一般的です

七五三の後に親戚が揃って食事をするケースが多いです。お子さんが控えているのであらためていうまでもなく子ども連れで問題ない店舗を選択することが欠かせません。それに加えて、幾ばくかは動いても異なるお客の迷惑に発展しないような場所を選択すると、お子さんも食事時間を伸びやかに過ごせますし、親戚もお子さんの育成を眺めることができるので喜んでもらえると想定されます。最近は七五三のお祝いの食事メニューを出したり、気持ちばかりの催し物のようなことをしてくれる場所も見られます。様々な店舗を探しましょう。

七五三本番はは11月だけれど、早めの予約で写真だけを早く撮影すると、着物レンタル無料の所もあります。