ういろうはローカル色がとっても強い和菓子なんです

全国各地で独自の発展を遂げているういろう

ういろうは、穀粉に砂糖などを混ぜて作られる蒸し菓子のことを言います。柔らかくて素朴な甘さがありますから、老若男女問わず愛されていますよね。材料は色々なものが使用されていますが、本来の姿は黒砂糖を使っているものだと言われています。室町時代には中国から伝わっていたとされていますから、歴史がとても古い和菓子だということが分かりますよね。地域差が大きいことも特徴で、自分たちのういろうが一番だと思っている人も多いでしょう。

東海地方のういろうは

日本で一番ういろうの販売量が多いのは名古屋のういろうだとされています。名古屋のういろうはうるち米を使って作られており、様々な種類が作られています。ういろうのバリエーションが多いことで、飽きさせない工夫がしてあるのですね。三重県のういろうは黒砂糖を使用しているもので、本来のういろうの原型に近いものになっているんですよ。小麦粉を使用していますから、食感はややかためになってという特徴があります。同じ東海地方でも個性が違うんですね。

山口県のういろうは

山口県のういろうも有名ですし、愛好者が多くいます。このういろうはわらび粉に砂糖をプラスしたタイプです。まるでわらびもちのようなとろりとした食感になっているのが特徴です。他の地方のういろうとは毛色が異なっています。山口のういろうの製法が誕生した歴史的な背景にはまだまだ分からないことが多く、ミステリアスなお菓子でもあるんですよ。有名な詩人も食べていたそうですし、山口ういろうを食べながら歴史に思いをはせるのもいいでしょう。

ずんだ餅は枝豆をすり潰して餡にした仙台の代表的な和菓子で、お盆時やお彼岸の定番のお備え物となっています。